“MORE DEEP”三重支部
プロフィール


NAME松尾一也
血液型O型
HOME LAKE三重県下Reserver
週刊ルアーニュース
現場ナマ情報
青蓮寺ダム担当
自己PR

バス小
自分が参戦するトーナメントで
どこかで1勝出来る様に
日々修行中です。
得意なstyleを伸ばしつつ
これからも頑張ります!

Maker Link

グレイズ

VAGABOND



バナー4

バナー1

バナー3

バナー2

個人Link


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

三瀬谷ダム (6) チャプター (13) 津風呂湖 (3) JB (23) その他Reserver (5) 野池 (1) ソルト (4) 日常 (300) 未分類 (3)

blog管理





FC2 Blog Ranking

ブログbanner

当ブログのバナーです

バナー6

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
見るのも勉強 聞くのも勉強
先日のマスターズ戦を橋の上からや、通称『工事現場』や本田で見学していたのですがチャプターでは考えられない人的プレッシャーやエレキのプレッシャーだと思いました。
あの工事現場付近に35艇近くは居たと思います
僕もマスターズ戦前に三瀬谷に入ったのですが、減水と連日のプレッシャーからかいつもよりは当然釣れない‥
チャプターの少人数だから三本で一キロは釣らないとってなりますが、マスターズの様に150人越えの中では普段のボートポジションなど取ることさえ許されない状況で初日の一位の五本で2600グラム越えは本当に凄いと思います。
あの場所に入れば一時間にワンバイトだが来たら500グラムが釣れるポイントも存在していた中、フライトに恵まれずに入りたいけど入れない‥
そんな選手でもバックアップパターンでなんとか魚を絞り出しキッチリリミットメイクしている選手の引き出しの多さにはビックリです。
普段からプレッシャーのかかったタフな魚を相手にしている選手が上位を占めたと思います。
たしかにプライベートではタフレイクよりはデカいのが釣れるダムや湖に釣り人の性で行きたいですが、あのタフった魚が僕でも釣れるように進んで練習したいと思いました。

僕の場合、津風呂湖が舞台になりますがタフレイクのレベルは決して負けていないと思うんで試合であのタフな魚を釣りたいです!!

試合後にマスターズ三瀬谷戦を優勝で飾った有里プロとたまたま帰る道中に出会ったので少し会話をさせて貰った時に、『逆にマスターズだから勝てた』このセリフが印象的でした。
分かる人には分かるセリフだと思います
やっぱり優勝する人や入賞する選手には共通する戦略の何かがあった様に感じました!!
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://2006kazuya.blog25.fc2.com/tb.php/32-981c7a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。